鼻の毛穴に黒ずみがポツポツとあって、それがイチゴのように見えるのを”イチゴ鼻”って言いますが、イチゴ鼻の人は顔の皮脂が多い(特にTゾーン)です

イチゴ鼻になったからといって、毛穴の角栓黒ずみを取ろうと「鼻専用パック」を使う人がいますが、これはやめておいた方がいいです。

というのは、鼻パックは確かに角栓を引っこ抜いてくれるので、気持ちいい!と感じる人もいるかもしれません。

でも、イチゴ鼻になる原因は、

1,普段から洗顔後の保湿がおろそかになっている
2,毛穴周辺の皮膚が硬くなり、毛穴が開き気味になる
3,保湿不足の肌は、皮脂が多く出る
4,開いた毛穴に皮脂が詰まりやすくなる
5,詰まった皮脂に、メイク汚れや空気中の汚れ、紫外線による酸化により黒ずむ


このような過程を経てイチゴ鼻ができあがるわけです。

つまり、毛穴の周囲の皮膚が硬いのに、毛穴の角栓だけ抜き取ってしまったら・・・
そう、毛穴はパックリと口を開けて、毛穴がますます目立つようになるだけです。

鼻パックを使った後は、”これでもかっ!”というほど”保湿”をしてやらないと、毛穴の開きは悪化するだけ。
そして開いた毛穴にはまた皮脂が詰まり、それが黒ずんでイチゴ鼻スパイラル。
普通の鼻に戻る要素などないわけです。

鼻パックは、毛穴付近の皮膚が硬くなっている限り、使うべきではありません。

普段からしっかりと保湿をしているやわらかい皮膚であれば鼻パックを使ってもいいですが、その場合でも皮脂を抜いた後はしっかりと保湿をしてやること、これを怠るとイチゴ鼻予備軍となりますよ。

現在、イチゴ鼻で悩んでいるのであれば、鼻パックは絶対に禁止です。

 カテゴリ